本日 99 人 - 昨日 395 人 - 累計 221946 人

自己紹介

  1. HOME >
  2. 自己紹介
画像
自立整体ヨガスタジオ凪 主宰 ゆかり

色々と以下に記載しましたが、長くて読むの面倒ですよね。
確認のために読んでみたら結構長いので、簡単に初めに書いてしまいます。
一言で自己紹介をすると


『ヨガが結局大好きなんだな。ヨガが楽しくてしょうがない!』

ということなんですね。
20年以上飽きずにやってこれたのは、本当に楽しいから。
色々な変化が感じられてできなかったアサナができるようになって、
心も安定する。すごいな~って単純にヨガに敬意を持っています。

これからヨガを始める方にアドバイスですが、先生は選びましょう。
先生を選ぶ上で大切なことですが、しっかりとお金と時間をかけ
ヨガを学んでいるかということ。
WSを沢山行くよりもトレーニングで集中して学んでいる先生がいいと思います。

それほどヨガは奥が深い!
30時間で教えられるようになる。
とか、、オンラインでヨガイントラになれる!
とか、、さすがに無理ですよ。
人の心身を扱う仕事ですので、ヨガイントラにとって学ぶことは常に必要です。
ぜひ先生を選ぶときは、美しいとか、プロポーションがいいとか、元新体操をしていて
体が柔らかいとか、、そんな外側ではなく、よく学び真摯にヨガと向かっている先生を
探してくださいね。
とっても大切なことです。

私はヨガが大好きですが、
キッツイ練習も哲学も微細な動きも、まだ全く理解できないことも含めて好きです笑
すべての未知なる体験も全部含めて好きなんだな。
体の調子が良くなることも心が軽くなることも体験してきて、それをクラスに参加する皆さんにも体験してもらいたい。クラス前後で変わる皆さんの表情が好き。
強張っていた顔も緩んで穏やかになります。
その瞬間に会いたくてヨガを教えているのかもしれません。


【ヨガ指導歴】
<2010年>
3月落川交流センターにて指導開始
  新町交流センター、東部会館クラス等定期開催
<2015年>
8月 日野市内にて「シニアヨガ」を開催
   日野市ふれあいの森にて「社会還元プロジェクトヨガクラス」を開催
9月 日野市青年会館 市民ふれあいの森 新町交流センターにて
  「不調改善ヨガクラス」を開催
<2016年>
4月 AEON多摩平の森にて「木曜夜ヨガ」定期開催スタート
5月 熊本地震被災地訪問 仮設住宅にてセラピーヨガ (ボランティア活動)
7月 新宿区(西新宿シニア館)にて「介護予防ヨガクラス」を担当
   (介護予防研究プロジェクト参加)
   港区(白金いきいきプラザ)にて「介護予防クラス」を担当
   (介護予防研究プロジェクト参加)
日野地区にて「シニアヨガクラス」を開催
8月 AEONモール多摩平の森にて「歩き方ワークショップ」を開催
9月 日本赤十字社 総合福祉センター レクロス広尾にて
「介護予防クラス」を担当(ボランティア活動)
   AEON多摩平の森にて「地域還元!敬老の日 不調改善無料ヨガ」WSを開催
10月 AEON多摩平の森にて
  「ファミリーヨガ」「不調改善ヨガ」WSを開催
   AEON多摩平の森にて「笑顔イキイキ!アクティブヨガWSを開催
11月 AEON多摩平の森にて「内から温まるヨガ」WSを開催
<2017年>
4月 八王子市「福傳寺」にて「お寺ヨガ」クラスがスタート
6月 NPO法人VYSYOGI設立 代表理事  立上げました
   AEON多摩平の森にて
   子連れOK!ヨガとアロマで梅雨を快適に!」ワークショップを開催
   スポーツクラブNAS西日暮里店にて「腰痛改善2ヵ月特別集中コース」スタート
8月 「障害を持つご家族のためのヨガクラス」を開催
   AEON多摩平の森にて
  「家族と!お友達と!ファミリーヨガワークショップ」を開催
   AEON多摩平の森にて「無料!ヨガ体験!ワークショップ」を開催
   百草園 月のおあしすにて(ボランティア)
   障害を持つ子どもとご家族のためヨガクラス」を開催
   日野市「保育士のためのヨガクラス」を担当
11月  児童擁護施設でのヨガクラススタート(ボランティア)
<2018年>
1月 AEON多摩平の森にて (ボランティア)
  「障害がある子どもとそのご家族のためのヨガクラス」が定期的にスタート
4月 自立整体ヨガスタジオ凪 南平にオープン
7月 NPO法人VYSYOGI 代表を辞任
<2019年>
4月 整体院での施術スタート
<2020年>
4月 自立整体ヨガスタジオ凪にてプライベートレッスン&整体を拡充
   西国分寺クラス復活
*その他、京都や大阪にてシニアヨガWSを担当。
    
【取得資格&修了したトレーニング】
(TTCはティーチャートレーニングの略です。先生になるためのコース)
・YMCメディカルトレーナーズスクール ヨガインストラクターTTC修了
・yoga fitシニアヨガTTC修了(メディカルヨガ)
・IYC slow-flow yogaTTC修了
・YICヨーガ教師修了
・サラパワーズ 陰ヨガTTC修了
・YOCAedキッズヨガTTC修了
・マスター・スダカー高野山リトリート参加
・ワナカムヨガスクール 200時間TTC 回受講
・ワナカムヨガスクール シニアヨガTTC回受講
・ワナカムヨガスクール インドリトリート参加
・ホームヘルパー1級
・スポーツ医学検定2級
・整体院でセラピストとして施術をしていました

【ヨガ歴 20年以上】
 私のヨガ道を簡単にご案内します。
実家がお寺だったことで幼少期より仏教本を読むことが習慣でした。
母親が宗教漫画を定期購読しておりましたので、自然と読むようになりました。
子ども用なので漫画でとてもわかりやすく描いてあり楽しみながら読んでいました。
たくさん読んだ中で何個か記憶に残っているストーリーがあります。

?として私の中に残っていて、私の人生のテーマだろうと思うのが、捨身飼虎というお釈迦様の前世の物語です。お釈迦様が我が身を虎に食べさせる話です。
当時小学4年くらいでしょうか。
その説話を読んでからかなり考えました。
そして、何故か心に深くこの話が残ることになります。

きっと私のヨガ道はここから始まったように今振り返ると思います。
自分を知ることがヨガでありますが、自分を知るには疑問がなくてはなりません。


さて、、そしてその後色々と人生に疑問はでてくるわけですが、その疑問は一生かけて分かるタイミングがくるかどうか?分かっても分からなくても道中を楽しみたいと思います。

それからは体のほうの練習へと入っていきます。
19歳くらいだと記憶していますが、自律神経の乱れで体調不良になりそれを自分で脱するためにヨガの体の練習をはじめました。
それも縁があり、本屋で手にした一冊のヨガの本を見ながら自宅本堂で仕事へ行く前にヨガをしていました。

本当にひどい体でびっくりしたのを覚えています。。
イタタタ多々、、、と言いながら少しずつ自分の体を調整していきました。

するとすっかり元気になりました。
それから付かず離れずヨガの体の練習を続けてきました。
東京に居を移した頃からヨガスタジオへ出入りするようになり、有名な先生のクラスは網羅しました。

出産を機にこんなに効果のあるヨガを周りの不調のある方にも教えられたらいいと思い先生になるためのトレーニングを受けることにしました。
ここからが学びの鬼と化します。
整体が母体のヨガスクールでティーチャートレーニングを終了し公共施設で教えだしのですが、、分からないことだらけで、なんでもとにかく必要だと思う講座を受けていきます。
ありがたいことにクラスに参加する生徒さんが色々と不調があり私を学びへと誘ってくれました。
生徒さんにシニア世代が多かったのでシニアヨガ。
そして、フローができるといいなと思いスローフローヨガ。などなど。
片っ端からクラスの人にとって必要だと思うものを受講し、一番衝撃的な古典ヨガと出会います。
それも高野山という素晴らしい場所での出会いでした。
本当に楽しかったですね。

それからは誘われるままヴィジョンオブヨガというヨガ練習生のためのコースに続けて3回受講。知れば知るほど分からないということが分かる笑
という面白い経験をし、そして夢中で学びました。
古典ヨガの凄さにすっかり魅了されていましたね。
自分の変化もですが、生徒にできることが増えることも嬉しかったです。

アサナ(ポーズ)はそれ自体がセラピーである。
1つのアサナの威力を体感できたことは感謝です。
古典ヨガでなければ体験できなかったと思います。
忘れられない体験をしたアサナが何個かあります。

あの感動は今でも鮮明に覚えています。
何気ないアサナでも素晴らしい体験ができる。
ワクワクが止まらなかったですね。
にた~~~~ってしていました。

この時期に自主練習もかなりして、体の柔軟性もあがり体の動かし方も変わりました。
今まで学んできたヨガアサナは何だったのか?
全然違った。。と失礼ながら思うわけです。
ただ、本当に効能が高いのでとても危険であるというのも知りました。。
自分の体を直すこともできるし、壊すこともできる。
愛情を持って自分の体を動かすことが大切です。

2015年には、突如、特発性大腿骨頭壊死、黄色信号の診断がでました。
きゃ~~。
痛くて片足で立つことが困難で、痛くない足に体重をかけていなくては立てなかったです。
ヨガイントラとしてこれからが面白いのに~~と
悔しい気持ちも感じましたが、よし!ヨガで治そう!!

と、痛みが少し落ち着いた頃、自分でヨガを使い整えていきました。
その結果、悪くならず。
今は何もなくはないですが、日常生活に支障はありません。
片足バランスもできるようになりました。
そう、結構激しいスポーツでもあるバスケもしています。
これまた下手で周りに迷惑かけております。

現在は今までに学んだことを消化する時間としています。
自分の心身に落とし込み、それを多くの方の助けとなるようにクラスをしています。
まだまだ終わりなき道ですが、私の人生なんだかかなりアップダウンが激しいようです。
ただ、その渦をニコっと外から眺めていられるようにしたいです。

変化を楽しみ、力まず、疎まずどんなことも新しい体験として経験をしていく。

今後も『アヒムサにヴィアラギヤ』を胸に精進していきます。
クラスでは皆さんにも固定観念を捨てて、新しい体験としてヨガをして頂けるといいなと思っています。

レインボーヨガ~ハンディキャップのある子ども達と一緒に~プロジェクト開催中。
お陰様で地元の皆さんのご協力で3年継続できてます。感謝です。
2020年からクラスに参加しませんが、今後も必要な方にヨガを届ける活動をしていきます。

【少し自分のことを。。。】
一人旅が好きで、10代20代はバックパッカーでした。
泊まり込みでバイトをして、お金が貯まると旅にでていました。
貧乏旅でしたので、相部屋の安宿に宿泊していました。
そのときは絵を描くことが好きでスケッチブック片手にフラフラと気に入った街を
歩いていい場所があるとスケッチしていました。


一回行くと1ヶ月~1年。
いい場所を見つけると何日か滞在したり、また住んでみたりしていました。
お気楽極楽、好きに気の向くままの旅が好きです。

イギリスではイタリアンcafeにて働らかせてもらったり、
旅で出会った方のお宅に泊めていただいたり、飛行機の中で隣になった方と意気投合してヨーロッパ一周旅行へ行ったり、
旅は色んな方と出会いがあり、そしてなんの予定のないスケッチブック片手に行く旅は
濃い思い出が多く残っております。

ドイツでは、「若い頃の私にそっくり」と出会ったドイツ人のおばさんに
自宅にお呼ばれして数泊させてもらいました。
娘さんは迷惑そうでしたが、、
言葉ではなく、心と心が通じあう人と出会う機会に恵まれました。
その時にその方の同僚との飲み会に参加する機会があり、
ドイツにおける介護事情など話を聞きました。
シビアな内容をあっけらかんに話す様子は記憶に残っています。

基本的には内向的で、平日人の少ない美術館を巡ったり、
また美しい庭園や公園をぷらぷらしたり、
海をぼ~っと眺めたりするのがスキ。
絵を描くことも好きでしたが、すっかり遠のいてしまいました。
散歩も大好きです。

ふっと力の抜ける時間を大切にしています。
おもてなし料理を1日かけて作ることも好きですし、花を活けるのも好き。
ターシャ・チューダーに憧れていた時代もありました!


さて、ヨガの話に戻りますと、、
身体の健康は心の状態にとても影響を受けます。

ヨガをすることで、様々な不調がなくなり、心も体も本来の軽さを取り戻していきます。
私自身健やかに生きるために、ヨガはなくてはならないものとなりました。

生徒さんが高齢となってきましたので、動く前に体を緩めないと危ないと感じ整体でも働いています。緩んだ状態から動くととっても効果ありです!
クラスでも自立整体法を使い緩めてから動きをスタートしています。


必要な方へヨガを届ける活動にも力をいれています。
心に傷を負った子供が自分の人生に自信を持って歩んでいけるように本当に微力ながら
お手伝いをしています。
不眠だったり、いろんな不調があったりするなか、少しでもその不調を軽減できるように。
日々を豊かに生きるために。。。


自分の健康は自分でしか守れません。
ヨガは人生においてとても役に立つ予防薬です。
私は万能薬だと思っております。
ちょっと調子が悪くてもヨガがある。
と思える。
そんなヨガに出会えたことはとてもありがたい人生です。
生徒さんがそんなふうにヨガを体感していただければ嬉しいです。

持参していて損はなし!
ぜひ一緒にいい時間を過ごしていきましょう!